csworx_logo_01.gifblank.pngmail.png

おにぎりのがらがら

材種:国産ヒノキ、他(広葉樹)

約 w100×h90×30mm

着色に頼らず、木が持つ色を使って海苔の部分を表現しています。振ると中に入れた木玉が優しい音を奏でます。

息子がおにぎりに興味を持った事と、0歳児から使える木のおもちゃが作りたい想いから生まれました。塗装にもこだわり、キヌカを使用しています。

craft1.jpg

ビー玉カー

材種:国産ヒノキ、他(広葉樹)

約 w120×h95×30mm

3つのカラフルなビー玉が外に出てくることはありません。

動かすたびに、ビー玉がカチカチ当たる音と、その動きが、小さなお子様から人気です。塗装にはキヌカを使用しています。

craft2.jpg

きょうりゅうパズル

材種:国産ヒノキ

約 w200×h90×20mm

京都モデルフォレスト様からのご依頼より生まれました。


ブラキオサウルス(左)、トリケラトプス(中央)、ステゴサウルス(右)の3種類で、それぞれ立てて飾ることもできます。小さな部材もあるため、取り扱いには幼稚園の年少さんからをお勧めしています。

craft3.jpg

20170320_053043.jpg

ぞうさんコロコロ

w100×h90×30mm(ヒノキ、他)

キヌカで仕上げ塗装済み。押して遊べます

KIMG0016.JPG

ひのきのパズル

w180×h130×20(ヒノキ、他)パズル厚15mm

塗装にはキヌカ、またはオスモを使っています

craft4.jpgcraft4.jpg

馬さんといっしょ

w160×h100×30(ヒノキ、他)紐長さ700mm

組木で作っています。引っ張って遊びます

幼児用木製玩具と塗装

口に入れても良いものを・・・

ひよことパンダの木工店のこだわり

0歳児から持てる木製玩具に使われる塗料には何が良いだろうか?という思案は、これまでも、これからもずっと探し続ける必要があると考えています。口に入れる以上、使う材料、研磨、塗装等々、何度も何度も確認しながら制作を行っています。
1523744734079.jpg
(お客様より掲載許可を頂いた写真)

kinuka.jpg

キヌカとの出会い

自然塗料と呼ばれる製品は数多く存在し、0歳児用玩具の塗装には長い間、試行錯誤しました。現時点でも、「もっとよいもの」探しは続けています。
キヌカは、そんな中で出会った塗料で、べたつきも無く無臭な上、使用感も抜群で狭い工房内でも快適に使えました。製品に塗装した後も、しっとりした質感と木が持つ風合いが生かされました。
塗料に対する私の考えは必要最低限の塗装で、色の表現は、なるべく木が持つ特色で補えばよいと考えています。対象年齢に応じて使う塗装も変えていければと考え、0歳児から使える玩具には、現時点でキヌカを最善と考えています。


LinkIcon日本キヌカ株式会社
こちらよりキヌカのサイトへ移動できます。